本文へスキップ

カラコンを色.目的.使用期限で探すことができます。装着画像あり

カラコンのカタログサイトです。お探しのカラコンがすぐ見つかります

カラコンをはじめて付ける方へ。

はじめて装着するとき注意事項



一番大事なのは「安全に気を使う」ということです。
カラコンは正しい使い方を知っておけばトラブルは防げます。まじめにレンズを洗浄したり、自分にぴったりのサイズBCを知っていたり、そういった基本的なことをしっかりやるということです。購入時に付いてくる説明書だとか、眼科で言われた注意事項だとか、そういった使用上の注意というものは普通は無視してしまうものですが。カラーコンタクトの場合はまじめに守ってください。

目に直に触れるものだということを忘れずに
直接目に付けるものなので、どんなにきちんとしていても負担はかかります。安全なカラコンを付ければ安全だというのは勘違いです。カラコンと比べてより安全だと考えられている普通のコンタクトレンズでもおかしな使い方を続ければ眼病になります。コンタクトレンズを付ける目の悪いかたは、大抵きちんとした使い方をしています。おしゃれ目的で度なしカラーレンズを付ける方はそこまで危機意識が無いことが多いです。カラコンの事故が頻発するのは、危険意識が皆無のまま適当に付けてしまうことが一番の原因です。粗悪品を避けるのは大事ですが、それ以上に大事なのは安全に使う方法を知っておくことです。問題が起きたときはお店にクレームを付けても目は返ってきませんので、問題が起きないように自分の身は自分で守りましょう。

知識より自分の体の反応優先
どのくらいで目が乾くか?痛くなるか?そういったことは、人によってそれぞれです。カラーコンタクトへの耐性というか、目がどれくらい丈夫なのか。そのあたりのラインはかなり違いますので、みんなが大丈夫だと言っていてもおかしいと思ったらすぐに今付けているカラコンを外してください。おかしいと思ったらすぐ利用中止すれば大きな問題になる前になんとかなります。トラブルといってもいきなり失明するわけではないのです。トラブルが起きたとしても軽いものなら眼科に通って薬と目薬で治ります。眼科へ行くときは原因と思われるカラーコンタクトを忘れずに持参しましょう。

問題はカラコンの品質なのか?それとも使い方なのか?
カラコンが粗悪品なときは別の商品に取り替えればそれで解決ですが、おかしな使い方を続けていると何をしてもダメになります。レンズを洗わずにそのまま使ったり、人の使ったコンタクトをそのまま使ったり、使用期限を守らずに平気で使い続けたり。衛生面には特に気を使ってください。カラーコンタクトは雑菌が繁殖しすい環境にあるので、対策を取らないとひどいことになります。目が痛くなったり、ちくちくしたり、ずれやすくなったり、涙がよく出るようになったり、その他おかしいかもと思ったらそのままにしないで、一旦自分のカラコンと、使用方法を見直してみてください。それときちんと洗うのは大事ですが、洗いすぎはダメです。具体的にはレンズにキズが付くような洗い方です。カラコンはデリケートです。雑菌を洗浄するのは大事ですが、レンズが破損しては逆にひどいことになることもあります。

レンズの使用期限はちゃんと守りましょう
カラーコンタクトは使い続けると劣化していきます。酸素透過率の減少、レンズ表面の気づかないレベルの細かいキズ、雑菌、などなど。長く使い続けるだけ悪くなっていきます。おかしいと思ったら使用期限が残っていても利用停止するほうがいいです。お金がもったいないかも・・・。と思う気持ちはわかりますが、目は換えがきかない大事なものです。カラコンはワンデー使用のものはそれほど多くないですが、できるだけ1日使い捨てのものを使うようにしたほうがいいです。1dayのカラーコンタクトであれば洗浄の必要がありません。使い終わったらそのまま捨てればいいのでケアの手間も要りません。


まとめ
大事なのは「安全に気を使う」ということです。
リスクがあることを理解したうえで使えば、問題は避けられます。問題が起きても、初期段階で対処すれば病気になるレベルの事故はおきません。

[ここで紹介している以外のカラーコンタクトを品定めしたいときのサイト]
ずら~~っと並んだ着画一覧からイメージに近いカラコンを探せます。赤・茶・緑・青・黄・黒・灰・紫・ピンク・水色等

[使用する前に知っておきたいこと]



あまり関係ない雑学コーナー
目にいいとされる栄養素と食べ物
ドライアイとは何か?
近視や遠視
一番いいのは何も付けていない状態
レンズを付けてからどのくらいで慣れるか
眼まわりの休憩方法。かんたんリフレッシュ
レーシックで視力回復
屈折治療のあれこれ
瞳の多様な構成
医療技術の進歩。目の中に直接レンズを入れる
年齢の変化と視力